魔女と百騎兵2 その23 第七章開始魔女と百騎兵2
FC2ブログ
Welcome to my blog

魔女と百騎兵2 その23 第七章開始

ぷにぷに

何故かプリム城の研究所にWRの紋章があちこち書かれてる。

490.png

潜伏魔女に治療とやらを施してから死に至るまでの資料、
人体実験やキメラを生み出す実験などなどの資料がみつかる。
アマリエは魔女に対抗する手段だと解釈する。
いやいやおかしいでしょ!
よくわからないのでチェルカはプリム本人に聞くことに。

491.png

プリムを完全に無力化させたチェルカ。
チェルカって外道化のこと知ってたっけ?
しかしまわりにいる白衣の女神たちが目覚めだして、
チェルカが見つかると危うい!
だからプリムを連れてチェルカと百騎兵は家に帰しました。

492.png

WRの兵が来たりゾフィーがなんとか立ち上がったりして
また誤魔化す方法を考えるアマリエ。
治療が終わった後ゾフィーには覚醒魔女がプリムを連れ去って消えたと報告。

493.png

第七章のタイトルは魔女と嘘
うそばっかりのアマリエだからなあ。

イベントが終わったらファセット入手した。

494.png

トーチカを上手く使えるファセットかあ
正直、私はトーチカを上手く使う事が出来ないので
ボス戦に役に立つ時が来るかなあってていどかなあ…?
セットはしませんでした。。

てっきりチェルカの実験を手伝うのかと思いきや
次の目的は、
「帰ってこないアマリエを迎えに行け」
だそうです。
霧幻の森から行きます。

495.png

いまさらこの森に用はないのですが
頑丈なゴーランを倒すとレジェンダリーの打撃武器が落ちた。
しかし場所が場所なのでランク2ですが…

496.png

ついでに王族のピニャータからも護符レジェンドが。
うーんここで出るのがもったいない!

目的地到着。

497.png

プリムに踊らされてた事を見抜けなかったのでしょうかと問うアマリエに
自分の持つ予言の力は完全なものではないという。
そりゃそうですよね。

498.png

ついにチェルカ討伐の任務が!
アマリエは魔女の善悪の判断を問うが、
テオドールは魔女そのものが危険分子だという
過去の例は知らないけど、今まで戦ってきた魔女って悪だもんなー。

500.png

テオドールから精鋭部隊を預かったアマリエ。
兵士の仕事が早い!
アマリエはリサの治療の副作用で苦しんでる様子。

503.png

プリムに麻酔のことを教えてもらったらチェルカは痛みについてわかったって。
そしてプリムの解剖も当分延期することにした。
どうゆうことだろう?手術のときの麻酔がずっと効いてたのかな?

504.png

帰ってきたアマリエはチェルカに討伐隊が出来たと伝える。
喜ぶチェルカちゃん。
もちろんアマリエにチェルカの討伐は無理なのでとりあえず時間を稼ぐことに…
ゲルプ支部で魔法生物の調査に行ってくるって。

505.png

各地で目撃情報が既に出てるチェルカに
自由に動いてほしくないアマリエ。
フニンムギンが一肌脱いで実験に付き合うことに。
チェルカちゃんは玩具を与えれば動かないみたいね…

目的地は歪んだ霧幻の森に飛べば真上にあるファイク村ってところ

506.png

ほうほう
特に目的を持ってるようにも見えないらしいし
またほかの魔女が出てくるのか、それとも単なる野良なのか。
死んだ魔女の魂が集って夜会を開く近畿の洞窟、
シュクラ洞窟で出入りしてるのを目撃したらしい。

507.png

かっくいい!
兵士もなんと勇敢な…と感心する。
ただ単純に百騎兵を見られるのがまずいわけで…

508.png

ずいぶんと幻想的な洞窟だなー。

シュクラ洞窟を探索していきます。

つづく((*`゚д゚)ゞ

Posted byぷにぷに

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply