魔女と百騎兵2 その19魔女と百騎兵2
FC2ブログ
Welcome to my blog

魔女と百騎兵2 その19

ぷにぷに

プリム様が現れてしまう。

377.png

アマリエはみんなに逃げろって言う。
村人はプリムごとき倒せるんでしょ!っていうけど
アマリエには無理だから!
みんな逃げたけど何故か百騎兵まで逃げる。

378.png

グレンツェ村を完全に乗っ取るようす。
せっかく墓をここに移したのにプリム領になってしまうなんて…
このプリムは幻影だった。消えてしまった。
助かったと安堵するアマリエだけど、チドリはまた10日後に魔法生物を連れて攻め込むらしい。

379.png

アマリエは村人をWR支部に保護してもらうように計らう。
テオドールに報告にいくためにアマリエはここで別れる。
ミルムと百騎兵はかえることに。

第六章、魔女と魔女大戦がはじまりました。

380.png

家に帰ったらフニンムギンは魔晶石にうっとりしてて気付かないようす
そしてミルムも眠くなってきてしまった!
アマリエにチェルカに変身しそうになったら縛っておいてって言われてた百騎兵は慌てるが
ミルムはアマリエが帰ってくるまで頑張って起きてるらしい。
えらい!

381.png

しかもアマリエのために百騎兵を向かわせようとする。
ええこやん。

いっぽうそのころ本部では

382.png

報告をしたアマリエだけど
リサに何故グレンツェ村に行ったのか聞かれる。
偶然で羨ましい…だけなのかな本当に?
このひとはこわいです。

テオドールが作戦を決行することに。
グレンツェ村を奪還して、プリム領への侵攻の拠点とするらしい。

383.png

彼女ってなんだろう?
ゾフィーとリサに作戦を伝え、アマリエには別室で休むことをすすめる。
アマリエは作戦まで休む事に。

384.png

ゾフィーから話を聞くと
魔女病患者たちを治療という名目で殺していたのはリサの意志ではなく
WRの意向みたい…
なんでちゃんと治療しないんだろう?数が多すぎるから?

385.png

あっ百騎兵に半殺しにされたガブリエーレさんが久々に登場した。
やっぱり重体だったみだいだけど、
行軍に耐え得る程度には回復したみたいです。

386.png

リサにプリムと通じてると疑われる。
プリムとは通じてない…から触診しても問題なかったけど
それでも疑うリサ。
アマリエは先陣をきるのはちょっと…っていうと
リサは疑いが晴れたら魔女病の治療法の最高機密について教えるという。
まともに知ろうとすると10年かかると聞いたアマリエは、
先陣をきってやることを約束した。
でもアマリエって治療班じゃなかったっけ。治療班でも戦闘はするのか。

真っ先に死んでしまうのではないかと思い浮かべるが、
百騎兵がいてくれれば大丈夫!
って考えるアマリエ。いや百騎兵は出てきちゃマズイ気がする。
特にガブリエーレは百騎兵に一度やられてるんだし…

387.png

ついに決戦の時!
アマリエは先陣に志願する。ゾフィーが先陣を切りたがってたが総帥がアマリエに決めた。

388.png

先頭に立つアマリエだが、
また足が震えてうまく歩けないと嘆く。

さて百騎兵に操作が切り替わるわけだけど
目的地のグレンツェ村には既に行ってるので
ピラーで目の前までワープできるね。

390.png

んん…?
なんか見たことあるぞ。
ロンロンカーリーじゃなかったっけ。
量産型なのか。

先陣を切ってあっさりやられるアマリエ。

391.png

ついでにちょっと前に倒したやつまで出てくるし。
こんな魔法生物、百騎兵でもいっぺんに相手にできないよー!
と思ったらリサとゾフィーがあっという間に蹴散らしてしまう。
この人たちはこんなに強かったのか。

魔法生物を片付けた白衣の女神たちは
カマラ要塞という兵站基地に進軍することになった。
しかしアマリエのあまりの弱さに視線が突き刺さる。

392.png

そんな殺生な…
百騎兵の力を借りてがんばるらしい。百騎兵は透明になってました。

393.png

目的地は左のほう。
いったん城に戻ったら、嘆願書からファセットが入手できた。

394.png

ノーブル・ラプターというもの。
へえー火力特化か。
武器の装備適正が古塔130槍鎌130刀剣120鈍槌120蝕台100とかなり優れてる。
ただ耐久面は薄い。
使いたいけどどのファセット抜いたらいいんだ…

とりあえず考えた結果シノビ・ザ・アサシンを一旦抜いてみることにした。

395.png

序盤に手に入れたランク2のレジェンダリ―の限界(付近)
ランク2でもけっこうあがるね。

ノーブル・ラプターは主にバフ系のスキル中心だけど
オペタイムをいつでも発動できるスキルは便利だとおもいました。

つづく((*`゚д゚)ゞ

Posted byぷにぷに

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply