魔女と百騎兵2 その17魔女と百騎兵2
FC2ブログ
Welcome to my blog

魔女と百騎兵2 その17

ぷにぷに

アヴィディヤの奥まで来たミルムと百騎兵。
どうやってここまで来たのかと疑われる。
百騎兵の力なんですけどね!

341.png

仲間になってほしくはないなあ…
フランチェスカおじ、普通に男口調になってるし。

ミルムの第三の眼がまばたいてしまう。
ついでに百騎兵も出てきてややこしいことに。

342.png

本物の魔女だとわかった瞬間恐れるどころか
歓迎してしまう。
魔女様を歓迎する祭りを盛大に執り行うほどに。

343.png

魔女を信仰する村だった…
ミルムは困惑する。百騎兵は無邪気にごちそうに喜ぶ。

344.png

はい罠でした。
眠ってチェルカ様に戻ったらとんでもないことになってたぞ。

345.png

いやあなたオトコだし魔女にはなれないとおもいますよ
ぐるぐるまきにしたのは、儀式のためで、
抵抗されると流石に怖いらしい。

天にジーニア、地にフリン
これはかつてこの地を滅ぼした2人の魔女だとおもう。
儀式を始めたら現れた。

346.png

やられるフランチェスカおじ
そもそもどういう話だったんだろう?
なんで魔女を呼んだのか。

347.png

なんかアマリエに頼まれるとお前がやれよって気になるけど
幼くてよわよわしいのが分かるミルムに頼まれほうがやる気が出るのはなぜだろう。

348.png

ギリ倒した…
魔撃しか効かない。シューティングゲームみたい。
向こうが出す魔法がぜんっぜん消えない。
一回死んだとき、ヒントを見るとお互いにぶつけてみようとか書いてたから
ぶつけるように逃げたら上手くいったけど、
一体倒れたらぶつける相手がいなくなって(魔法を出した本人にぶつけても消えない)
もうそこからは魔法にぶつかってもゴリ押しでいきました。

魔女?を倒して村人に感謝されるミルム。

349.png

ミルムちゃんはえらいなあ。
アマリエも見習え!
しかし縄をほどいてほしいというミルムの要求には答えられなかった。

350.png

変な宗教染みている。
魔女になるためには魔女様を食べないといけないって。
世界は終焉を迎え、選ばれしものしか生き残れない予言があって、
その選ばれしものが魔女だとか。
しかし食べるのは諦めてくれた。どっかの村から潜伏魔女を拾ってくるとか言ってるけど…

急に地割れが起きてみんな落ちてしまう。

351.png

どうやらみんな死んだらしい。
相当高いところから落ちたみたい。
ミルムは何故自分が生きてるのかと百騎兵に問う。

352.png

百騎兵は魔晶石を見つけてきてミルムに投げた。
魔晶石は本当にあったんだなあ…

353.png

死んでしまったみんなのお墓を作るミルム。
優しい子である。
そして家に帰ってきた。
地割れで落ちたのにどうやって登ったんだろう?

354.png

フニンムギンはとても心配していた。
2つ取れた魔晶石を1個フニンムギンにあげた。
1つ取れたのをアマリエにあげると

355.png

危険なところまで行ったのを怒った。
でもおかげで立ち直ることができたアマリエ。
お礼にミルムのお願い事を聞いてあげるといって
ミルムは父と母のお墓参りに行きたいらしい。

357.png

要するにエッケ村へ行けって事ですね。
ただミルムは魔女病で追い出された身なので袋の中に隠れていくことに。
マナグランド間ワープで一瞬ですな。

そして久々に故郷に帰ってきたアマリエたち
百騎兵はなんどか来てるんだけどね。

358.png

立ちションしてる男に再開するアマリエ。
てか百騎兵は普通に見られていいのかな?
アマリエが帰ってきて歓迎する皆。

359.png

どうやら白衣の女神になった事が伝わってたらしい。
イザベルを倒したんだから当然だよなあ。
凱旋祝いだーとか大騒ぎになる。

360.png

ミルムの事について、
死んで良かったとか、肩の荷が下りたべとか、そんなことよりとか
言われてアマリエは怒ってしまう。
ミルムは死んだことになってた!

更になんと母親の墓がふるさとに移されていた。
魔女を生んだ女の墓を村に置いていくわけにはいかないとか。
村人が知ってるのは潜伏魔女のミルムじゃ…?
潜伏魔女でもそんなにいけないことなのかな?

361.png

ついにキレてしまうアマリエ。
自分も魔女病になった事を語るが、魔女の子は魔女になるだとか
親父の墓も移したほうがいいんじゃないかと不安を募らせる村人。

362.png

ミルムも思わず出てきてしまう。
色々な考えの村があったけど、
この村は特に魔女に怯えているなあ。
出ていけって言われて言われなくともと答えるアマリエ。

この村との関係はますます悪くなったのであった!
こんなところに父親の墓を置いとけないと思ったアマリエは、
母親の墓のところにつれていくそうです。

母親の故郷、グレンツェ村へ向かうことになりました。

つづく((*`゚д゚)ゞ

Posted byぷにぷに

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply